萩焼窯元泉流山ブログ


萩焼窯元泉流山ブログ
萩焼窯元泉流山より萩焼や陶芸の裏話、
また新製品や窯のことなどの情報をお届けします。
萩市内や山口県内の観光・グルメ情報も。
山口県萩市/萩焼陶芸の観光
山口県萩市/萩焼窯元泉流山


萩焼和食器通販・ギフト・引出物・内祝い
萩焼通販・泉流山オンラインショップ


+ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


+ プロフィール
+ 最近の記事

+ 最近のコメント

+ カテゴリ別
+ バックナンバー

+ リンク
+ その他

累計:
本日: 昨日:
Since 2008/09/02

+ 広告ユニット

+ スポンサーサイト +

一定期間更新がないため広告を表示しています

 2011.04.12 Tuesday * | - | - | -
+ 東日本巨大地震 +
巨大地震が起きてしまった。。。

ニュース映像で見る光景は、同じ日本で起こっていることとは信じたくない、悲しいものです。
刻々と知らされる現実、最初は別世界のような感覚でしか捉えられなかったものが、徐々に現実のものと実感し、ただただ呆然とテレビを眺めています。。。
今までそこにあった町やおおぜいの人達、その人たち日常の営みが、一瞬にして無になってしまいました。。。
このことを、私はどう受け止めればよいのでしょう。。。

もっとこの現実をしっかり知りたいと、ニュースに出てくる地名や地形を地図で確認してみましたら・・・



壊滅状態に近いというそれらの町は、
リアス式海岸という入り組んだ海辺の、奥の方にありました。
そのリアス式海岸は東側に南北にずーっと続いています。

ニュースで映像を流していたそれらの主な町の他に、ここも、ここも、ここも・・・
入り組んだ湾の奥には、まだまだたくさんの漁村があるんです。
豊かな海の幸を生活の糧にして、漁師さんたちの静かな日常があったのです。

そして多分、それら小さい漁村も全滅に近いのではないか、と想像されるんです。

地図を眺めていると、
日が経って、被害状況がはっきりしてくると、1500人の行方不明者なんてものではなくて、
犠牲者はそれこそ何万人、何十万人もの人数にのぼるんではないかと、恐れています。



生き残られた人たちは、これからどうやって生きていかれるのか・・・

ただただ、今はお気を強く持たれて、ご病気などになられないようにと祈るほかありません。。。




記事投稿:瀬つきアジ


 2011.03.13 Sunday * 17:22 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ おかあさんといっしょ +
久しぶりのブログになりました ^^;)

今日は、恥ずかしながらまったくプライベートな話題です。
孫の話です。。。

過日、娘より弾んだ電話がありました。
「ずーっと何度も 『おかあさんといっしょ』にM子を応募してて、いっつも抽選もれだったけど、やっと年齢制限ぎりぎりの最後のチャンスで、受かったよ!」

(下にまだ2人手のかかる子を抱えて育児でてんてこ舞いなのに、ようそんな余裕があるな〜・・・)と、半ばあきれ半ば感心し、驚いて報告を聞いたものです。

さてそれから2ヶ月後、NHKスタジオに収録に行ったというその日、また電話がありました。
「終わったよ、それがね〜何とM子が『ゴッチャ』に出るよ!!!」 
電話の向うは声が弾んでいます。
後ろでは当のM子が 「恥ずかしいから言わないで!」 と、叫んでいます。

何だか思いがけないハプニングが起きたようなんです。
???(ゴッチャとはいったい何のこっちゃ?) 


放映は11月23日、教育テレビの朝8時からで、いよいよその日を迎えました。
朝から今や遅し・・・と、テレビの前に張り付いて・・・




あ〜いるいる、楽しそうに映っていましたよ♪
大勢の中なんで、分かるかな〜と思いましたが、とんでもございませんでした。
M子以外の他の子はまったく目にはいりませんでした ^^;)

オープニングのあと、アニメーションと歌があって・・・
ジャジャーン、いよいよその『ゴッチャ』とやらが始まりました!!!

もうドキドキです。


お〜、M子が元気に踊ってるゥ〜!
おねえさんといっしょに、頭に工事用のヘルメットを被ってアップテンポの曲にのっています。
(その調子だ〜、頑張れ〜!!!)








無事踊り終えましたよ。 
時間にしてほんの2〜3分なんでしょうが、結構な時間に思えました。 ふ〜、、、

「記念に写真を撮って!」
夫に頼んでいたので、カシャカシャたくさんのショットを撮ってくれていましたが、
「写真とるのに一生懸命で、あんまり見れんかった・・・」 とか。 (どうもすみません、、、)

早速、前もって知らせていた親戚から電話がじゃんじゃん入りました。
T夫おじ 「見たよ! 物怖じしないで元気に踊っていたね〜、いや〜良かった良かった」
E子おば 「上手に踊っちょっちゃったね〜」
T美おば 「えっさえっさ、テンポ外さず踊ってたね〜、上手上手!」
ちなみにT美おばは、地区の民謡の会で踊りをやっています、テンポにちゃんと乗ってるかどうかが一番気になったようです^^。

おじ・おばたちは高齢です。
静かな日常のようですが、幼児のエネルギーが少しは届いたのでしょうか? 

孫のテレビデビューの話でした。




記事投稿:瀬つきアジ





 2010.11.24 Wednesday * 20:07 | その他の日記 | comments(2) | trackbacks(0)
+ ワラを貰ってきた。 +
季節が冬にぶっ飛んだ!

まだ10月というのに、暖房器具が欲しいくらい冷え込んできましたね。
このまま冬になるとは思いませんが、さすがに昨日今日は「秋はどこいった?」 ですね。

さて先日、釉薬を作る材料の「稲ワラ」をもらってきました。
不純物が混ざらないように焼いて、その灰で白萩釉を作るんです。
今どき、この「稲ワラ」を確保するにも苦労します、大変なんですよ。
今日はその稲ワラを手にするまでの顛末を。

話は2ヶ月前にさかのぼります。
当主將夫
「さて困ったぞー。去年までは(泉流山の)Fさんを通じてフクイ(福栄村のこと)の人にワラを分けてもらっていたけど、亡くなられたそうだ。 
で、他の米を作っている人に当たってもらったけど、みんな刈り取るときにコンバインでワラを小さく刻んで、田んぼに撒いてしまうそうで、ワラが無い、手に入らん、、、」

その話を聞いた瞬間、ひらめきました。 (ワラをもっている人、私、知ってるかも!)

知っているかも・・・とは、こういう理由なんです。

私の友人に、萩市のお隣・長門市三隅町に住む人がいます。
彼女は仲間たちと【夢うさぎ】というハーブのサークルを作っていて、三隅町の「香月泰男美術館」隣の敷地を借りて立派なハーブ園を育てています。
(この【夢うさぎ】のことやハーブ園のことは、本当はもっと説明したいんですけど、またいつか・・・)

そのハーブ園の農作業に、仲間の旦那さんがとっても気さくにお手伝いしてくださるそうな。
「男手があって、すごく助かるんよね〜。
時々Oさんから(その人の名前です)お米を貰うんだけど、これが美味しくってね〜! しっかり太陽にあてて乾かしてから稲こぎされるんですって。だから市販のとは全然味が違うよ〜!」
と、いままで何度となく聞かされてきたんです。

そうだ! そのOさんなら稲ワラを持っておられるハズだ!
昔は「ハゼに掛ける」といって、刈り取った稲の束を、田んぼに渡した太く大きい竿に吊るして乾かすのが当たり前だったんですが、最近はあまり見かけません。
友人の話から、多分Oさんは、ハゼに掛けておられると思われるんです。

で早速、三隅の友人に、ワラがあれば分けてもらえないかOさんに聞いてもらいました。
すぐに返事がきました。
「有るってよ! 今までは近所の酪農家に分けてあげてたそうだけど、早いほうの話からだって。すぐに電話してみたら? Oさんの田んぼは油谷町にあって、なんか大変な所らしいよ。奥さんなんか道が細くって脱輪しそうでよう行かんって言ってたよ。」

Oさんの田んぼは、棚田みたいです。
油谷町の棚田は「日本の棚田百選」に選ばれたほど、有名なところです。
棚田では機械も入れませんし、車でも入りにくい所なんですね〜、納得です。


油谷町 「東後畑の棚田と漁火」             棚田百選写真家さんの写真より

さて、そのOさんとのやりとりです。
「萩まで運んであげるよ。 油谷町まで取りに行ったついでじゃから。」
「いえ〜、それではあまりにもご迷惑をかけます、こちらから取りに伺いますから。」
「遠慮はいらんよ、どのくらい要る?」
「いえ〜、あのーそのー・・・」

この繰り返しを、何度か。
泉流山は萩の市街地の東方に抜けたところにあります。
ここからOさん宅へは西に15キロ、Oさん宅からその棚田までは更に西に約20キロあります。
どうして萩まで運んでくださるのを遠慮せずにはおれましょうか!

泉流山には、ポンコツだけど4駆の軽トラがあること、コンパネを両脇に立てればかなり乗せることが出来ること、慣れた人を連れて行くこと・・・等々で、現地でワラをいただくことでやっと話がまとまりました。
約束の前日、Oさんから電話がありました。
「約束したものの、稲が乾いているか気になったんで念のため行ってみたけど、まだ湿っていて、とってもじゃないけど稲こぎできそうにないんで、また改めて良い日を連絡します。」

仕切りなおし。。。
Oさんが稲こぎされる当日の午後、ワラをそのまま車に乗せて欲しいそうなので、こちらはスケジュールの調整なしの待ったなしなんです。
で、いついつで、の指定にちょっと緊張するんです。

待つこと10日、連絡がありました。
「稲こぎしたから、1車分持って帰って来ちょるよ。 あさって午前中もう1回運ぶから午後取りに来てください。 三隅の香月美術館知っちょってじゃろう? そこの駐車場に赤い帽子被って、軽トラのすぐ側におるから、すぐ分かるから。」
Oさんは、自宅近くの香月美術館の駐車場の受け渡し場所まで、2度往復して運んできてくださったのでした。

指定のあさっては23日、土曜日でした。
残念ながら、その日の午後は私には店に来客の予定があって、直に会って御礼を言うことはできませんでしたが、FさんとAKR氏で無事たくさんのワラをいただいてきました。

 

さてそのOさん、いえO先生なんですが、
実は・・・私が中学生のとき、数学を習った先生なんです!
分かりやすくて楽しい授業だったので、おかげで数学大好きになったのです。

以前友人と話していて、恩師と気づき、小さい中学校だったので思い出してくださるかな〜・・・と。

「旧姓は何と言うちゃった?」 ざっくばらんな先生なんです。
「Mです。」
「なんじゃ、Mさんか〜!」
「ワラはあれの4倍くらいはあるよ。要るだけあげるからまた取りに来なさい。今度は今回置いちょった所に運んでおくから、都合の良いときに何時でも。」

何と言うか、不思議なご縁でした。 (^^)





記事投稿:瀬つきアジ

 2010.10.27 Wednesday * 12:02 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 交差点にて +
今朝からニュースが気になっていました。

チリの鉱山落盤事故から2ヶ月半、奇跡的に33人もの人が地底700メートルで生存していて、懸命の救出作戦が行われ、今日にも最初の人が救出されるかどうか・・・?

出先から帰宅途中の車、ラジオをつけるとちょうどお昼のニュースが始まりました。
耳をダンボです。
・・・・・・・?
「最初の一人が奇跡の生還をしました!」

「やったー!。すごいすごい!!!」
地底の作業員の方々も、生きる希望をつないでよく頑張りました!
ハンドルを持った手も忘れ、パチパチ思いっきり拍手です。
(ほぼ交差点だったので、大丈夫です。 それよりティッシュが・・・)

この救出作戦にはアメリカNASAの専門家も助言するなど、世界中の技術を集め支援がなされたようですね。 
しかし、世界初めての試みです。 最初の一人が救出されたとはいえ、全員が地上に無事生還されるまでは、まだまだ安心なりませんね〜。 
どうか全員救出のニュースを! 


ニュースを聞きながらぐっと来て、あれこれ想像して・・・、停車中は前の車をぼんやり見ていました。
さあ〜、信号が変わって発進となりました。 さてと・・・。
よく見ると前の車はまるで鏡のようなタンクローリーで、まぁ〜私の車もしっかり写っていましたよ^^。
これは ♪、 ドアポケットにスタンバイさせているカメラでパチリです。



今日は素晴らしいニュースで、天気もまた秋晴れです。 
気持ちの良い定休日です ^^)。





記事投稿:瀬つきアジ
 2010.10.13 Wednesday * 13:05 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 虹が出ました! +
虹が出ました!!!

今日、萩市の気温は35.8度とかで県内では最高だったと夕方のニュースで言っていました。
もう8月の終わりですよ〜、でも、いつまでたっても涼しくなる気配が感じられません、、、
それが・・・、今日の夕方はいつもと違い、一雨来そうな曇行きです。
やっとポツポツと雨が落ちてきました。
でも・・・もうちょっと降ればよいのに、ほんのおしめり程度でした。  少しは涼しくなったかな〜?

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

夕食を済ませた後、ちょっと外に出て、さあ家に入ろうと後ろを振り返ると、東の空に・・・(@@)
最近では滅多にお目にかかれない、綺麗な虹が出ているではありませんか!
「わぁ〜、虹、虹!虹が出てるぅ〜!カメラ、カメラ!!!」


何とかこの美しさ、感動をカメラに収めねば!   
全体を綺麗に撮れるところを捜して、家のまわりをうろうろ。
結局2階の窓からになりました^^;)  (何とか間に合った〜。。。)





七色に輝くきれいな半円形、本物はものすごーく美しかったですよ。
しばし見とれていましたが、外は暗くなるし虹も薄くなっていって残念ながらほんのつかの間のことでした。

で、さぁお仕舞!と、また後ろを振り返ると、西の空が・・・(@@)
虹騒動で気がつかなかったけど、ものすごく綺麗な夕焼けなんです!
またまた慌ててカメラを持って2階に駆け上がり、西側の窓から撮りました。
ちょっと遅めでしたけど・・・


本物は息をのむほど、美しかったんですよ。
今晩は、東に西に美しい見事な自然現象を見ることが出来て、大変しあわせでした。

しかし・・・、食後の運動がよかったので、よくこなれたんではないかな〜またお腹がすいたような気がしてきました^^;)




追記です。 (31日)
今日、店に来て昨夕の虹の話をしたところ、
昨日夕方4時ごろ萩から東に20キロ(?)程の阿武町あたりで、雨量計で計測できないほどの物凄い雨が降ったようで、山陰本線は奈古〜木与間が運転見合わせだったそうなんです。
ラジオで臨時ニュースが入ったそうなんですよ。
道理で!
ポツポツ程度の雨で、あんなに美しい、立派な虹は、どうも不思議だったんですよね〜。



記事投稿者:瀬つきアジ





 2010.08.30 Monday * 19:37 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 線香花火 +
今年の暑さといったら・・・いったい全体どうなっているんでしょうね〜!

毎年今頃は「つくつくぼうし」が鳴いています。
小さい頃は「つくつくぼうし」がさかんに鳴く今頃になると、夏休みの宿題が未だなのを「早く片付けてしまいなさい!」と急き立てられるようで、夏の終わりを寂しく思ったりしたものでした。
が、今年は・・・
「つくつくぼうし」の声はあまり聞こえてきません。
シャーシャー、シャーシャーと「くまぜみ」が、朝早くから賑やかです。(うるさーい!)
夏の終わりどころではありません、真っ最中といわんばかりですね〜 ^^;)

大眉記念館で開催されていた「山口県現代工芸美術展」も修了しました。
お客様も、そろそろ夏休み気分から抜けて、9月からの学期やお仕事に向けて、スタンバイされていることでしょう、お出かけもぐんと少なくなりました。。。


今年は珍しい花火をいただきました。
線香花火ですが、1本1本を手づくりされたものらしいです。
姿が美しい!
こよりが、線香花火の伝統と歴史を思わせてくれます。





花火は何処でも気軽に安く買えるし、中でも線香花火は特に安く、束でなんぼ!のようなので、
趣を楽しもうとは思いもよらないことでしたが・・・、考えてみると本当は一番素朴で、風流なものなんですよね〜。
 

で、いつしようか〜、どんな線香花火なんだろう?・・・と楽しみに思いつつも、使ってしまうのももったいないのでずーっと眺めていたんです。
が、とうとう我が家にほんのちょっと滞在した娘たちに、お土産に持たせてしまったのでした。

もったいなくもあり、ほっと安心したような気分でもあり・・・^^  





記事投稿者:瀬つきアジ


 2010.08.24 Tuesday * 15:31 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 山口県現代工芸美術展 +
もっと早くに書こうと思っていながら・・・会期も残り少なくなってしまった今になりました ^^;)

大眉記念館では、山口県在住の現代工芸美術家協会会員による展覧会が催されています。


夏休みに入ったら、けっこう来館者があるみたいです。
そして・・・
「凄い! 面白かった!」 と感想を言って帰られます。
素材も陶芸・染織・金属・革など多彩で、意欲的な作品ばかりです。

でも・・・言葉で説明するより、写真で実際の様子をどうぞ!











泉流山の店には、お盆の期間中、コロプラさんも大勢訪ねてきてくださいました。
遠くは宮城から、沖縄からとか・・・車中泊までしてきてくださった方たちも。
本当に嬉しくって!

御礼に記念館の展覧会の招待券をさしあげましたよ。
萩の良い思い出になれば嬉しいです^^。






記事投稿者:瀬つきアジ
 2010.08.17 Tuesday * 17:09 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 母ふたり +
 1日の日本海大花火大会、続く2日・3日の萩夏まつりも終わりました。
今年は連日猛暑で、さぞお祭り気分も盛り上がったことでしょう。
今日も朝からシャーシャーと、クマゼミがうるさく鳴いています。
すでに気温もぐんぐん上がっているようです。



8月はお祭りのシーズンでもありますが、これからはお盆、弔いのときでもあります。

昨日は義母の1周忌を済ませました。
実家の母も、今年は新盆です。


 亡くなった母とおなじ
 九十二歳をむかえた今
 母のことを思う

 老人ホームに
 母を訪ねるたび
 その帰りは辛かった

 私をいつまでも見送る
    母
 どんよりとした空
 風にゆれるコスモス
 今もはっきりと覚えて
  いる
 
       柴田トヨ 「くじけないで」より





記事投稿者:瀬つきアジ

 2010.08.05 Thursday * 07:30 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 自然がいっぱい +
先日、泉流山の店や我が家の周りは自然がいっぱい、と書きました。

実は、自宅周りの水田は、最近は耕作されていないので雑草が繁っています。
野生の雉にはもってこいの環境になっているんでしょうね、もう年中住み着いています。
初めてここで雉を見たときはとっても感動しましたが、今は珍しくもなんともありません。。。
早朝のけたたましい鳴き声に、(また鳴いてる鳴いてる・・・ちょっと静かにしてくれんかな〜)

そして、毎年その雑草の中のどこかで巣を作って、ヒナをかえしているようなんですが・・・

先日の定休日、ちょっとその雑草地の一部の手入れをしていましたら・・・
雉の巣の跡がありました!
しかも1メートルも離れていない所にもう1つの巣、計2ヶ所。

卵をみると、今年のものではなさそうです。
場所がとっても良かったので、近くに2年連続で作ったのか? それとも同時に2羽の奥さん? 
そこは、いつも通るところのすぐ足元近くです。 
もう人間を恐れないで、堂々としたもんですね〜。





雉ってけっこう大きい鳥ですが、卵はこんなもんです。
新しいのはこれよりもうちょっとグリーンがかってるかな?




そして今日、ここも今年は耕作を止めて雑草対策に水をはっている水田なんですが、そこにカルガモ一家が来ていたのに出くわしました。
前からカモが時々来ているよ・・・と、度々聞いていたのですが、何しろこの暑さです。
私が通るときに居たためしがありませんでした。
私が通る夕方は、日中の暑さで水田の水はお湯のようになっているに違いありませんでしたから・・・。
で、やっと今日出会えたということなんです。

が、萩には豊かな川があるのに水深もないこんな所に頻繁に来るなんて・・・何か餌になるものがあるのかな〜?
雉やカルガモに(イゴゴチはどんな〜?)ちょっと聞いてみたくなりました ^^;)





記事投稿者:瀬つきアジ





 2010.07.30 Friday * 15:37 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 梅雨明け +
ふぅ〜暑、暑!
おとといまでの雨続きから一転、梅雨明けで一気に暑さがやってきました!

かなりの雨量の、重たい雨が続いているときには晴れた日が全然想像できないくらい、もう水浸しの中にいるような毎日でしたが、昨日今日の晴天では、雨に降り込まれていた日々がどんなだったか、もうすっかり思い出せないくらいです ^^;)。
急にきた猛烈な暑さにヘトヘトで・・・体がついていけない、、、

今日は朝から気温はぐんぐん上がって・・・



午前中なのに、もうこんな強烈な日差しです。

梅雨は明けたし、連休にもなって、泉流山の店にはお客様が訪ねてきてくださいます ♪
が、梅雨の後遺症。。。
店の前を通る国道191号線が、東へ15キロくらい先ががけ崩れで通行止めになっていて、何人かの方が迂回路を通ったり、戻って遠回りして来たとかで、たいへんな思いまでして訪ねてきてくださったようでした。
お話を聞きながら、そうまでして来てくださって本当に有り難くって、また恐縮に思ったことでした。



空は抜けるように青く! しばらくはこんなお天気が続くようですね。

それにしても、ニュースで見る豪雨災害には言葉もありません。
こんなに良いお天気のほんの何日か前の出来事で、普通の日常を過ごしておられた方達、、、
あそこもここも・・・(考えればどこも萩とは地続きなんですね、そして同じ空の下)と、災害に遭われた方々の心中を思うと、ご不運というか理不尽というか・・・やるせない思いでいっぱいになりますね。

どうか皆様お大事に・・・心よりお見舞い申し上げます。





記事投稿者:瀬つきアジ



 2010.07.18 Sunday * 20:04 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)


| 1/9Pages | >>