萩焼窯元泉流山ブログ


萩焼窯元泉流山ブログ
萩焼窯元泉流山より萩焼や陶芸の裏話、
また新製品や窯のことなどの情報をお届けします。
萩市内や山口県内の観光・グルメ情報も。
山口県萩市/萩焼陶芸の観光
山口県萩市/萩焼窯元泉流山


萩焼和食器通販・ギフト・引出物・内祝い
萩焼通販・泉流山オンラインショップ


+ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


+ プロフィール
+ 最近の記事

+ 最近のコメント

+ カテゴリ別
+ バックナンバー

+ リンク
+ その他

累計:
本日: 昨日:
Since 2008/09/02

+ 広告ユニット

+ スポンサーサイト +

一定期間更新がないため広告を表示しています

 2011.04.12 Tuesday * | - | - | -
+ 雛の日 +
いったいどうしたんだろう?・・・と、ご心配をおかけしたようで、申し訳ございません。
長ーい間、冬眠していました。。。

さすがに3月になり、雛祭りともなるとじっとしてはおれなくなりました。

土の中の虫のように、陽気につられてごそごそし始めたは良いんですが・・・




今日は朝から冷え込むと思ったら、みぞれが降り止みません。
あっという間に、一面雪景色になってしまいましたよ。  「春を呼ぶ淡雪」なんでしょうね。

で、折角の3月3日、お雛様の日なので。


実はこれ、きょう押入れから出したんです。
こちらは雛祭りは旧暦で行いますから、4月3日までは大丈夫。
それに・・・ここ泉流山の店の女性たちは、仕舞うのが遅くなって、「お嫁に行き送れる」なんて心配する必要のない人ばっかしですから・・・^^;)

それと、
今年はとにかく寒くって、冷え込んで、椿の花つきがよくありません。
せっかく蕾がふくらみそう♪・・・と楽しみにしていても、ヒヨのやつがやって来て、片っ端から花を食べていってしまうんです。
1月の物凄く寒かった頃なんて、集団でやってきていました。
追っ払っても、追っ払っても・・・畑のブロッコリーを食べに来ていたときなどは、待ち伏せしているノラ猫に何度も仲間がやらてしまうんですが、なにしろ集団ですから、(学習しないのか)凝りもしないんです。
やってきては、猫にやられているんですよ。
猫も、凍えるような寒い中、ワンチャンスを期して大根の葉の影でじーっと身を潜め・・・本当にご苦労さん!!!

そのうち、「はやぶさ」に狙われだしてからは、ヒヨも猫もバッタリ来なくなりました。
自然界で生きるって、厳しいんですね〜。

泉流山の店には、今、ヤブツバキをいけています。
自然のヤブツバキって、素朴で凛とした美しさがありますね。












笠山虎ヶ崎では、ことしも「椿まつり」が行われています。
それと「城下町の雛たち」 「しろうお漁」も。
まだ天候も不順なものですから、それらの盛り上がりもイマイチのようで、あまり評判が耳に入ってこないんですが、春の行事、さ〜て・・・なんですよ^^)




記事投稿:瀬つきアジ
 2011.03.03 Thursday * 16:04 | ショップの日々 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 西又 葵さん +
お正月気分もほぼ抜けました、今日は今年初めての連休日です。

去年暮から、萩はずっと悪天候続きでした。。。
せめて連休はお天気が回復してくれたら・・・と願っていたんですが、やはりあまり良くありません。
折角の連休なのに、これではお客様もあんまり訪ねて来られないな〜・・・と思っていましたら、

わいわいと賑やかに、若い男衆4人連れが入って来られましたよ。
雰囲気や仲間内で話しておられる様子から、明らかにコロプラさんです。
それぞれにお買い物をされて、お茶を飲みながらゆっくりされていた時です。

「わぁ〜、すっげー!!!」
突然大きな声があがりました。
仲間内でコロプラノートを囲んで、すごく興奮しておられます。




あまりの興奮というか喜ばれように、興味津々です、話を聞いてみましたよ。

「これ、これですよ! この人、超のつく有名人ですよ〜!」
「西又葵っていって、アニメキャラクターの作家なんですよ。 知りません?」
(さぁ〜???)
「アニメやゲームなんかの業界では、超、超、超有名な人!」
「ほら、お米の袋にアニメの美人書いて、それですごい売れたっていう話、知りません?」

あーその話なら知っていますね〜。
『あきたこまち』とかいうブランドのお米でしたっけ? 米袋の美少女が人気を呼んで、お米の売れ行きが跳ね上がったというニュース、テレビでやってた!

「去年、ここに来たんだ!」
「コロプラやってるんだ!」
「自筆だよ、これは!」
「このノートを見ただけでも、ここに来た甲斐があったというもんだ!」

何だか凄いことのようですよ。

あ〜、このページの漫画なら、後で見て、上手に書いてあるな〜と感心したのを思い出しました。
そういえば、描いていた人も、その時の様子も、とても印象深かったので記憶に残っています。
確か、鮮やかなピンクの洋服を着ておられて、2〜3人の連れの人がノートの書き入れを待っていたみたいでした。

で、早速調べてみましたよ。

西又葵さん、ほんとうに「知る人ぞ知る」超・有名な方なんですね。
随分とお忙しい方のようですけど、訪ねて来てくださったのですね〜。
それに、もう少し詳しく見てみましたら、有りました!
コロプラで泉流山(と、店舗名は書いてありませんでしたが)でのことが・・・。

新年早々(私にとっては20歳?もっとかな〜 若返った話題で)、 心弾んだ出来でしたよ^^




記事投稿:瀬つきアジ






 2011.01.09 Sunday * 15:03 | ショップの日々 | comments(2) | trackbacks(0)
+ 明けましておめでとうございます。 +
新年明けましておめでとうございます

    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。




日本列島、大荒れの越年でしたね。
萩もかなりの冷え込みですが、まずますの元旦、1年のスタートというところでしょうか。

今年はウサギ年、ウサギは癒しのキャラクターですね。
天皇陛下の年頭に当たっての感想で
「家族や社会の絆を大切にし、国民皆が支え合ってこれらの困難を克服するとともに、世界の人々とも相携え、その安寧のために力を尽くすことを切に願っています」 と仰られたと新聞にありました。

希望に満ち満ちた世の中とは言い難いご時勢ですので、胸に染み入るお言葉です。



さて、泉流山は例年のごとく元旦早々からお店を開けています。

これは昔からの慣わしで、かつてはお正月を萩で過ごされる観光客が多く、定期観光バスも運行されていました。 その観光バスが、元旦から窯元見学ということでやって来たものですから、開けていたんです。
近年は観光客も減少し、マイカーが主になって定期観光バスの乗客が少なくなってきたので、元旦早々のバスは無くなりましたが、それでも、訪ねて来られる方もいらっしゃるのです。

今年は特に気を使いましたよ。
遠くをものともせず訪ねてこられるコロプラさんが、絶対いらっしゃる!   と。
そしたら・・・・やはり!でした。

「31日の夕方に発ってきました、名古屋からです」
「途中、伊賀上野あたりで雪がひどくて渋滞し、新名神は通行止めでたいへんでした。」
「名阪国道で大阪に出て、山口には朝4時半に到着して、仮眠してきました」

聞くだに、ただただ有り難くって、今年も頑張らなきゃ!と元気を頂きましたよ。


日本画家 郷倉和子先生揮毫  壽扇 「壽ぐ」


皆様にとって今年は佳いお年でありますよう。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。




記事投稿:瀬つきアジ





 2011.01.01 Saturday * 13:13 | ショップの日々 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 幼稚園児たちの見学 +
今年の冬の寒さはどうなんでしょう?

萩は小春日和のようなポカポカ陽気の日と、寒い日と・・日替わりメニューのお天気です。
今日は、あいにくの時雨模様。
そんな中を、マイクロバスに乗って「萩幼稚園」の園児達たちが大勢やってきましたよ。
なんとも可愛い仕草、賑やかな声・・・泉流山窯はにわか幼稚園になったみたいでした♪

これは、事前見学なんですよ。
年長さんの卒園記念に、来年1月に親子で萩焼の陶芸体験をして作品を作る予定になっていて、
(そのときは、泉流山から陶工さんが出張指導です)
今日は実際に萩焼を作っているところを見学にやって来たのでした。

先ずは吉賀大眉記念館にて美術鑑賞・・・に、なりましたか〜?
その後は、多分、記念館の後ろにある登り窯も見ていることと思います。

その後、何だか工房がガヤガヤと賑やかになってきました。
工房に移動して、陶工さんの作るところを見て、歓声をあげているようなんです。
子供って、素直に反応するんですね〜。

そのうち、子供達のテンションも上がり、一段と声が賑やかになりました。
「ハイ、ハーイ!」 「ハーイ!」
何だか、先生の 「。。。をやってみたい人〜!」 で、
志願して何か実際に粘土にさわっているみたいです。

で、私、ちょっと見にいってみました。


3個ほど、手びねりで作ったらしいものがありましたが、今はどうも「練り台」にみんなの目が注がれています。



おお〜! 菊練りに挑戦していましたよ!
横のベテランの陶工Tくんがやってみせたものに、元気の良い女の子が続きをさせてもらっているらしいのですが、得意そうに、しかもカメラ目線で様になっていましたね〜。
こんなときは、どうも女の子の方が、度胸は良いですよね〜 ^^)

充分な時間を当てていたのでしょうか、ずーっと賑やかな声が続いていました。
表の店にいて、工房からの歓声に何度笑いを誘われたことでしょう。



園児たちも、窯元見学を満喫したようです。
指導のAKR氏や陶工さんに見送られて、喜んで園に帰っていきました。

実際の陶芸体験は来年1月中旬の予定です。
園児たちはその日を楽しみにすることと思いますが、元気の良い園児達はいったいどんな芸術(?)作品を作るのでしょう?  私もとっても楽しみになりました ^^)




記事投稿;瀬つきアジ
 2010.12.13 Monday * 13:33 | ショップの日々 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 日展 +
芸術の秋、今年も恒例の「日展」が六本木・国立新美術館にて始まりました。
会期は10月29日(金)〜12月5日(日)です。

当主・將夫は 今年は審査員を務めました。
作品ももちろん、大作を出品しています。


で、今年も店のウインドウにポスターを貼ったのですが、今までのとは違い赤のグラデーションになっていました。
日展のポスターは、今まではずーっと同じ、赤一色でした。
遠くからでもそれと分かるシンボルカラーで通してきましたが、時勢に合わせて変えたんでしょうね〜。

何年か前に、小津安二郎の生誕100年とかで、小津監督の映画がテレビで何本も見ることが出来たことがありました。
その時見た映画、何という題だったか忘れましたが、主人公がお父さんの会社を訪ねるシーンがあったのですが、その会社の廊下に「日展」の鮮やかな赤いポスターが貼ってあるのが印象的でした。

もう一箇所、自宅の居間だったと思うのですが、赤い琺瑯のやかんがこれまた印象的に配置してあって、映画全体がセピア色なのに 妙にその2つが鮮やかで、
(これは絶対、赤を意識して配置してるな〜)と、思ったものです。

その赤いポスターも、今年は見れません。
ご時勢とは言え、ちょっと寂しい。。。

偶然なのですが、↓
 

店のタペストリーも赤のグラデーションでした。

小津安二郎のことを調べてみたら、1903年12月12日に生まれて、1963年の同日に亡くなっていました。 満60歳の誕生日だったんですね〜。
してみると、生誕100年ということは、2003年だったということですか〜?
感覚ではつい2〜3年前のことだったように思っていたんですが、もうそんなに月日が経っていただなんて、、、。

とってもビックリしました。
時の過ぎてゆくのが私には速すぎて、戸惑っています。。。 ^^;)




記事投稿:瀬つきアジ
 2010.10.31 Sunday * 16:05 | ショップの日々 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 秋晴れ +
秋晴れのこのごろは、絶好の行楽日和ですね〜。

泉流山の店にもどっと来て欲しいところですが、今日のようなお天気では戸外の楽しみのほうが、絶対に楽しい!
「いい天気やね〜」
「お弁当持って、出かけたいね〜」

とかなんとか、話していると・・・
ドドドドー、ドドドドー・・・(少し間があります) ドドドドー、ドドドドー・・・
お腹に響く轟音をとどろかせて、もう何十台ものバイクが店の前を通っていきました。 (@@)
お天気の良い日には、1〜2グループのツーリングはよくあることですが、
今日のは規模が違う! 
合計で何台通り過ぎていったんでしょうか? 次から次へとグループが・・・。

「わわ〜、また来たよ」
「何があるんじゃろうね〜」
「どっかで、大会でもあるんじゃろうか? これだけ集まったらもの凄いやろうね〜」

もう終わったかな〜と、表に出てみると・・・まだまだ来てます。
店の前の道路は国道191号線。
山陰の美しい海岸線を通っていますので、絶好のツーリングコースですよ。





前の方のグループは、排気量も大きい、豪華なハーレーたちが多かったです。
帰りも通るかな〜、気になる1日ですね。

ところで、昨日の夕方の陶芸体験のグループのお客様の仕業かな?
帰られた後で気が付きました。


水滴のに、ちょこんとディスプレイ用のグリーンのボールが乗っかっているではありませんか!
「あっはっはー(爆笑)」
本来はこのように陳列していたんですが・・・。


このボール、実は本物ではなくて偽者(作り物)ですが、お客様はよく関心を示されるのです。
「マリモですか〜?」
「いえいえ、偽者なんです・・・^^;)」

それにしても、茶目っ気たっぷりのいたずらで、楽しませていただきました ♪






記事投稿:瀬つきアジ
 2010.10.17 Sunday * 11:16 | ショップの日々 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 続 虫の話 +
暑さ寒さも彼岸までとは、本当によく言い当てていますね〜。
昨日の雨で、萩はすっかり涼しくなりました。 というか、冷え込んできました、、、
上着を用意していないと風邪をひきそうです。
温かいものが欲しいくらいです、お客様に出すお茶も冷たい麦茶から温かいお茶になりました。

で、秋分の日の今日、店の掃除をしていたS津さんが突然声をあげました。
「これってゴミだと思ってたんですが、虫ですかね〜!?」
どれどれ〜?(また面白いことが起こった〜?)と、K子さんと見にいってみると・・・ 
見たこともない虫が、むにゅむにゅ頭を出したり引っ込めたりしていました。



何だか虫の話ばかりで、すみません。。。
もちろんお客様もいらっしゃるのですが、珍しい虫たちもよくやって来るのです。

この虫、中央が薄く盛り上がった殻(?)を背負って、一見、ゴミのかけらのようです。
15ミリ程度の大きさで、ひっくり返してみると、裏も全く同じものが上下2枚合わさったものでした。
(あれ〜、どっちが上だったかな〜?)
しばし観察です。
が、側で見ていると全く動きません。 
動きそうになっても、音というか空気の動きにとっても敏感で、あわてて首を引っ込めてしまいます。
ほとんどじーっとしているのですが、人の気配がしなくなると、中から幼虫らしき頭・胴体が出てきて、
ズリーっと伸びたかと思うと、殻を引き寄せては移動するんです。
尺取虫の殻付き版みたいな動きです。

で、とうとう・・・
この位置にいるんだからね!


しばらくして、そう〜っと見に行ってみると・・・


ズリズリ・・・必死に移動している最中でした。
伸びては体を引き寄せての繰り返しなんですが、
時折、引き寄せる瞬間、体にひねりを入れて方向を変えているんですよ^^。 ↓


たまたま側を通りかかったAKR氏に、見てもらいました。
「蛾か何かの幼虫じゃぁないの? 蓑虫みたいな状態なんでしょう!」
(なるほど〜 蓑虫か〜!)

昨日は定休日でした。
今朝の時間帯に、店のあそこで見つかるということは・・・一日中かかってズリズリと、一生懸命やって来たのでしょうかね〜。


さて、今晩は先日取材されたテレビ放映の日です。
BS朝日 『鉄道 絶景の旅』
2010年 9月23日(木)  21時〜21時55分

是非ご覧になってくださいね。




記事投稿者:瀬つきアジ

 2010.09.23 Thursday * 15:47 | ショップの日々 | comments(0) | trackbacks(0)
+ 虫たち +
9月に入っても溶けるような暑さでしたが、先日の台風9号あたりからちょっこし涼しくなりましたね。
朝夕は爽やかな秋の風を感じます。 
しかし、ちっとも雨らしい雨が降りません、農家の方たち気をもんでいらっしゃるのではないでしょうかねぇ〜。

さて、泉流山の店には、今年も(私にとっては)珍しい蛾がやってきましたよ。
で、早速写真に撮ったり、じーっと観察したり・・・面白くって飽きません。
ほんとに自然って、よく出来ていますね〜、感心してしまいます。
(こんなの苦手! ・・・と思われる方、ごめんなさい。)

先ずはこれ ↓

「セスジスズメ」というそうです。
けっこうな大きさがあって、ちょっとびっくりしました。  

この「セスジスズメ」より前に、見つけたのがこれ ↓

道路に面したウインドウガラスにとまっていました。
こちらは3センチもない小さい蛾ですし、他の大きい蛾と違って保護色のような色が面白かったですよ。
もっと正確に写そうとしましたが、ガラスを通して店の中が写ってしまって・・・。


で、これは?  と調べてみましたら 「ヒロヘリアオイラガ」という名前と解りました。
が、ここからがびっくり仰天なんです。
「もともとは中国南部、インド、ジャワ島などに分布する南方系の種類だが、1960年代以降に帰化して日本中に分布を広げている。
幼虫はサクラ、カシ、モミジなどの葉を食べ、しばしば街路樹で大発生する」そうなんですが・・・、

 
の写真があったんです! おおー〜 これはこれは!

実は、この蛾の止まっていたウインドウガラスのすぐ側に、道路に面してカシの木があるのですが、
この木に、前々から何の虫か知らないけどたくさん変わったこぶ(巣?)みたいのが付いていて、ときどき幼虫も見掛けたりしていたんです。

これが、店前のカシの木の根元にあるこぶ(巣?) ↓

この、木についていた虫は、「ヒロヘリアオイラガ」だったんですね〜。
木には数え切れないほどのこぶが出来ています。
まぶりついているほどなのに、成長した蛾を見たのは今回が初めてでした。

でも・・・ちょっとおかしい。
実物のこぶは、どれも上向きはもしくは横向きなんですよ。
ネットの図鑑の写真は、口が下向き。
またまた ウ〜ン・・・?ですね〜。





記事投稿者:瀬つきアジ






 2010.09.13 Monday * 11:39 | ショップの日々 | comments(0) | trackbacks(0)
+ テレビ撮影 +
昨日、テレビの取材がありました。

BS朝日 『鉄道 絶景の旅』 の山陰本線編で、泉流山も取り上げたいと・・・。
『鉄道 絶景の旅』 といえば、集英社出版の週刊誌が出ていて、泉流山も取材をうけ掲載していただきました。
(この時は、東洋美人さんが取材に張り付いてブログに書いてくださいました、懐かしい〜!)
この週刊誌は隔週で発刊されましたが、写真がどれもこれも素晴らしくって、とうとう私は全40巻買い込みましたよ^^。

今や大人気シリーズの「週刊 鉄道絶景の旅」がいよいよテレビ化!
今回は「山陰本線」。
山陰本線の情報はもちろん、沿線の料理や宿、観光スポットなども紹介。
まるごと1時間、山陰本線の旅の魅力をお見せします!


だそうですよ! 楽しみ楽しみ ♪♪♪
で、取材撮影の様子を許可いただいてレポートします。

カメラを旅人に見立てて撮影をされています。
先ずは歩いて泉流山に来られたときから、カメラを腰だめに持ちながら、看板に近づいてこられています・・・ストーリがあるみたいですよ^^。

続いて陶工さんが作っている現場、工房に入られるところ。
奥の方では、ベテランのTくんが菊練りをしていたような・・・(テレビで確かめよう!)







中では陶工のMくんが、蹴りロクロで湯呑の水引をしています。
しばらく様子を撮影された後、スタッフの方からMくんに質問が。
「電動ロクロはよく見かけますが、こちらは蹴りロクロなんですね。 作っていて違いはありますか?」
Mくん、しばし考え・・・
「蹴りロクロの大きな特徴は止まってしまうということだと思います。 電動はスイッチを入れるとずーっと同じ速度で回りますが、蹴りロクロは蹴らないと止まってしまい、その分、緩急をつけて作ることができます。」
みたいな答えだったような・・・。

ちょと中座した後、再び工房に行ってみると、今度はベテランのTくんにカメラが向いていました。
「萩焼を始められて、何年くらいですか?」
「35年です」
そうなんです、Tくんは中学のころから陶工になりたくって仕方なかったそうなんですが、
学校の先生に、「高校卒業まで待て!」と説得されて、卒業と同時に泉流山にやって来たんです。
若く、万年青年のような風貌ですが、キャリアはバツグンなんですよ。


あまり張り付いて見ていると、陶工さんも緊張してしまうでしょうから店の方に戻りました。
しばらくすると、今度は店の中を・・・と。
「お勧めのものはどれですか?」
「みーんなです!」
(店の商品、魅力的に写ったかな〜。)




車は横浜ナンバーでした。 遠くを機材を積んでの、大変な作業ですね。
その後は、長門市仙崎にも取材といっておられました。
猛暑の中、本当にご苦労様です。




放送予定です
BS朝日 『鉄道 絶景の旅』
2010年 9月23日(木)  21時〜21時55分

是非ご覧になって下さいね!!!





記事投稿者:瀬つきアジ
 2010.08.29 Sunday * 16:52 | ショップの日々 | comments(2) | trackbacks(0)
+ 日本100名城スタンプラリー +
夏休みに入り、お客様も遠くからの方が多くなりました。

昨日のこと、お年は間違いなく80歳を越えておられそうな、ゆったりとした雰囲気の女性と、その息子さんらしい二人連れ。 
ゆっくりゆっくり店内を見ておられたので、冷たいお茶を出して、しばらく話をしました。

「川崎から車でやってきました。」
(高齢の方もいっしょです、こんな暑い時にずーっと車ではずいぶんお疲れではないかしら・・・と心配しましたが、どうも旅慣れていらっしゃるようです)
「ここへ来る前に、津和野に行ってお城を訪ねようとしたんですけど、ちょっと前にそこに熊が出たそうで通行止めになってしまっていました。。。」
そうでした、津和野城跡に通じる道に月の輪熊が出たそうで、こちらではちょっとしたニュースになってました。 

「今回の目的はそこだったんですが、残念でした。 また改めて来ます。」
(また改めて? !!!)
「そうですか〜、それは残念でしたね〜。でも萩には萩城跡が有りますよ。(コロプラ土産に萩城もあるんです)」
「そうですね、でも萩城は今年の4月にもう行ってきました。」
(つい3ヶ月前にも萩に来られた〜???)

私はてっきりコロプラユーザーさんで、ゲーム内の津和野城や萩城をゲットしに来られたのかと思っていましたが、どうも少しだけ話がかみ合いません^^:)

思い切って尋ねてみました。
「コロプラユーザーさんですか?」
「コロプラ???、 日本100名城のスタンプラリーで、全国の城を制覇してまわっているんです。」

「100城のスタンプラリーですか〜?」
私があんまりびっくりして、また興味も示したものですから、お母様の方が鞄からスタンプ帳を出して見せてくださいました。





そこには、尋ねて行かれた所で押されたスタンプがズラリと並んでいました!
↑ のページは南九州と沖縄の城ですが、そこも既にほとんど行っておられますよ (@@)



100名城といっても、今はもう城跡だけのものや、そこに行き着くまでに山奥深く分け入って行かねばならないもの、いろいろあるようで、今までに65ほど行ったと仰ってました。

65箇所も、しかもご高齢のお母様もいっしょなんですよ!
そのご高齢のお母様は話の間中ずーっとニコニコ顔で、
「この100名城スタンプラリーの前には、100滝をやったんですよ〜」
「えっ、100滝もですか〜?!」
「そうです、でも96くらいで全部は回れませんでしたけど・・・」
(!!!! いや〜、これはこれは・・・恐れ入りました)

端から見ていても、とっても気持ちのよい親子連れで、穏やかなお母様と孝行息子さんでした。
これからもずーっと旅は続くようです。
どうかご無事で目的達成を・・・と、願ったことでした。


追記です。(26日)
 日本100名山というのは聞いたことがよくあるので、100名城もあるんだろうな〜と話を聞いて思ったんですが、100名滝もあったんですね〜。 
他にも100渚とかも・・・、日本人は100何とかが好きなんですね^^




記事投稿者:瀬つきアジ

 2010.07.25 Sunday * 14:57 | ショップの日々 | comments(0) | trackbacks(0)


| 1/8Pages | >>