萩焼窯元泉流山ブログ


萩焼窯元泉流山ブログ
萩焼窯元泉流山より萩焼や陶芸の裏話、
また新製品や窯のことなどの情報をお届けします。
萩市内や山口県内の観光・グルメ情報も。
山口県萩市/萩焼陶芸の観光
山口県萩市/萩焼窯元泉流山


萩焼和食器通販・ギフト・引出物・内祝い
萩焼通販・泉流山オンラインショップ


+ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>


+ プロフィール
+ 最近の記事

+ 最近のコメント

+ カテゴリ別
+ バックナンバー

+ リンク
+ その他

累計:
本日: 昨日:
Since 2008/09/02

+ 広告ユニット

+ スポンサーサイト +

一定期間更新がないため広告を表示しています

 2011.04.12 Tuesday * | - | - | -
+ 今年も落とし文  +
今年も落とし文を見つけましたよ ♪

とは言っても、まだ落ちてなくてバラの葉っぱの先にぶら下がっていましたが・・・。
これも多分落とし文の仲間だと思うんですが・・・。

で、いつものように観察です。 クルクル巻かれている部分をほどいてみました ♪
ところが・・・今年のは幼虫が見当たりません。 
よくよく目を凝らしてみると、小さーい卵がひとつ。 (ん〜?卵〜?)



去年と一昨年のは、既に中に立派な幼虫がいましたので、どうやって幼虫が入ったのか疑問にも思わなかったのですが、 そうか!卵だったんだ〜!
うかつでした。
そもそも幼虫が葉っぱをクルクル巻いて自分が籠るんではなくて、親虫が外から巻いて卵を産み付けて、それが中で育って幼虫になっていたんですね〜。
葉っぱを透かしてみると、小さい穴があります。 そこから卵を産みつけたのでしょうね〜。

では、親虫さんはどこに?
1本を隅々まで調べてみましたが、逃げてしまったのでしょう 見つかりません。
これから第2の落とし文を作ろうとしていた形跡はあるんですがね〜。


一昨年の落とし文が素晴らしく立派だったので、何とかもう一度出会いたいんです。 ↓



こちらは去年の落とし文。 

今年のはもっと小さいし、葉っぱも柔らかくてひ弱な感じで、どんな虫さんになるのでしょうか?
落とし文もいろいろ・・・もっと立派な落とし文に出会いたいしで、仕切りなおしです。
まだシーズンはこれから、頑張ってみつけることにしましょう^^。






記事投稿者:瀬つきアジ
 2010.05.24 Monday * 17:24 | その他の日記 | comments(0) | trackbacks(0)
+ スポンサーサイト +
 2011.04.12 Tuesday * 17:24 | - | - | -
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
<< 抱一と光琳 | main | 記念館で陳列 >>