萩焼窯元泉流山ブログ


萩焼窯元泉流山ブログ
萩焼窯元泉流山より萩焼や陶芸の裏話、
また新製品や窯のことなどの情報をお届けします。
萩市内や山口県内の観光・グルメ情報も。
山口県萩市/萩焼陶芸の観光
山口県萩市/萩焼窯元泉流山


萩焼和食器通販・ギフト・引出物・内祝い
萩焼通販・泉流山オンラインショップ


+ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


+ プロフィール
+ 最近の記事

+ 最近のコメント

+ カテゴリ別
+ バックナンバー

+ リンク
+ その他

累計:
本日: 昨日:
Since 2008/09/02

+ 広告ユニット

+ スポンサーサイト +

一定期間更新がないため広告を表示しています

 2011.04.12 Tuesday * | - | - | -
+ ワラを燃やして灰を作る +
今年もあとわずかとなりましたね。

年内にやらないといけないこと、数々残っていて・・・
気は焦るんですけど、ちっとも片付きません、、、やる気の問題だとは思うんですが ーー;)
しばらく、ブログもサボってしまってました、、、。

ちょっと前のことです。
三隅町のOさんからいただいた稲のワラを燃やして、灰をつくる作業をしました。
この作業をしているのは、農業もしているFさん。 お馴染みのブルーの作業着ですね。

残った灰に不純物が混ざらないように、ステンレスの板の上で燃やします。




ステンレスの板はそれほど広くないので、小分けに燃やしているようです。
Fさんはおっとりした性格なので、作業もゆっくり目。
もうちょっとテキパキと、早く片付けて! と、思うときもありますが、その分仕事が丁寧なので。




(焼き芋をすると美味しいでしょうね〜)

このあと、同じくステンレス板でしっかり蓋というか覆いをして冷まし、出来上がった灰を釉薬の原料にします。
が、この灰がすぐに使えるのではありません。
スタンパーで細かくして、細かい目のフィルターで漉して・・・まだまだ手間がかかるんですよ。

で、のんびり屋のFさんの助っ人に、店のS津さんに灰を漉してもらうことにしました。
店の工房の片隅でしたものですから、ちょうど見学に訪れた年配の陶芸クラブの方たちに大好評でしたよ。


これは稲ワラの灰ですが、今は木灰を漉す作業をしているそうです。
そちらは稲ワラと違って、すんなり漉すことができないそうで、往生しているようですよ。
何事も、そうやすやすとは出来ないんですね〜。。。




記事投稿:瀬つきアジ

 2010.12.24 Friday * 14:52 | 窯のこと | comments(0) | trackbacks(0)
+ スポンサーサイト +
 2011.04.12 Tuesday * 14:52 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://senryuzan.jugem.jp/trackback/245
<< 幼稚園児たちの見学 | main | 明けましておめでとうございます。 >>